'); define("P_END", '

'); ?>

大量のブルーベリを輸入

ブルーベリーブルーベリーが健康に良いと話題になってから久しくなりますが、ブルーベリーは健康食品というだけでなく、具体的に私たちの健康にとってどのような効果をもたらすのか、ご存知でしょうか。 健康食品という言葉を聞くと、植物や動物などの食品に含まれる栄養素だけを抽出してカプセルや錠剤にしているといったイメージをもたれている方も多いのではないでしょうか。栄養価の高いブルーベリーは、こうしたサプリメントも存在しますが、摘み取ったそのままの状態でも身体に必要な要素を摂取しやすい食品であるとして高い指示を得ています。

では、ブルーベリーという植物について、簡単に見ていきたいと思います。ブルーベリーはその名の通り、青色をしており、実際に店などで売られているものや写真などでは濃い青色の姿を見かけることが多いでしょう。しかし、ブルーベリーの果実ははじめから青色ではありません。緑色から赤色になり、そして青色に変化していきます。成熟すると表面に白い粉をふくのが特徴です。 ブルーベリーは4月頃になると、白いかわいらしい花を咲かせます。それは釣り鐘状をしており、身近に栽培していないとあまりブルーベリーの花を目にする機会は少ないかもしれません。春先のから1ヶ月間程度、私たちの目を楽しませてくれます。

ブルーベリーは丈夫で育ちやすい植物であり、もともとは北半球の各地で自生していました。中でも北米は世界の約9割のブルーベリーを産出していると言われています。1990年代に入ると、エリザベス・ホワイト氏とフレデリック・コヴィレ氏という二人の博士によって、主にアメリカやカナダなどを原産地とする種類から品種改良が行われるようになりました。現在では世界各国の温帯圏地帯で広く栽培されています。また、時期をずらして収穫するために、北半球と季節が反対になるオーストラリアなどの南半球の地域でも生産されています。 日本でもブルーベリーは栽培されており、庭先や畑などで栽培している人も多く見かけます。しかし日本では海外から大量のブルーベリーを輸入しています。最も多い輸入先はアメリカで、二位とは大きく差が開きます。アメリカの他にも、カナダや南半球のオーストラリアやチリといった様々な国から輸入しています。

ブルーベリー世界の中でも特にブルーベリーを生産している国はアメリカとカナダであるといわれていますが、全米の38の州及びカナダのブルーベリーを生産している業者で組織されている、「USハイブッシュブルーベリー協会」という団体が存在します。この団体は、北米の7割程度のブルーベリーを収穫しています。 この組織におけるブルーベリーの最大輸出市場が日本であるということからも、日本が多くのブルーベリーを輸入しているということ、そして日本人がブルーベリーに高い関心を抱いているということが分かるでしょう。